世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2022.12.14 活動報告

【ウクライナ危機】厳しい冬を越すための支援を行っています

寒さか本格化してきたウクライナの冬

ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナでは、子どもや民間人を含めた多くの犠牲者が出ており、今後も継続的に増加すると推測されます。現在約789万人が近隣のヨーロッパで難民となり、約654万人が国内避難民となっています(2022年11月29日時点、UNOCHA)

越冬支援を開始

グッドネーバーズ・ジャパンでは、2022年5月10日から本格的にウクライナ国内での人道支援活動を行ってきました。2022年9月までの第一期プロジェクトでは、食糧約107トン、医薬品・医療器具(医療施設10か所分)、そしてコミュニティ向け医薬品を150箱(30,000人分)をウクライナ国内の人々に届けてきました。 

引き続き実施している第二期プロジェクトでは、これまでと同様の食糧と医薬品・医療器具支援に加え、越冬支援も行っています。 

※本事業は、ジャパン・プラットフォームの助成を受け実施しています

戦闘地域だった町で越冬支援の物資を受け取った方々(へルソン州 11月25日撮影)

越冬支援とは、読んで字のごとく「冬を越すための支援」です。グッドネーバーズ・ジャパンは戦争の影響を強く受けている地域、具体的には、ロシア軍に占領され破壊されてしまった建物が多いエリアを中心に支援を届けています。
そういった所に住む人々が、もっとも越冬支援を必要としています。とはいえ、戦闘地域には立ち入ることができないため、ウクライナ側が取り戻したと宣言した地域に届けています。これまでに届けた場所は、ハルキウ州ハルキウ、ドネツク州コンスタンチノフカ、へルソン州チョルノバイフカなどです。今回は、合計で5000人以上の人に届ける計画を立てています。 

温かい毛布や肌着などを届けています

動画より:「ここでパッキングを行っています。順番に、着火剤、ライター、 そしてキャンドル。キャンドルや着火剤、ライターは、ひとつにまとめています。 箱の中身を紹介しますね。靴下、帽子、靴下、保温インナー、そして帽子がもう1つ。 私たちは、このようにパッキングをしています。 」

支援物資の箱に貼りつけるシール 

越冬支援ボックスの中には、動画で紹介したように着火剤や毛布や防寒のための衣類等が詰められています。そのうちのひとつである保温インナーは、当初ウクライナ国内で既製品を購入し配布する予定でした。しかし現在、ウクライナ国内では保温インナーの需要が急増していることもあり、1000枚単位で調達できる業者がありませんでした。そこで、インナー用の布地を輸入し、ウクライナ国内の縫製工場に外注するという方法で、保温インナーを調達しました。これにより、既製品を購入するよりも1枚あたりのコストがさがり、結果的に多くの人に支援を届けることが可能になりました。

これらの支援物資を詰め合わせたボックスには、今回の支援に関わっている3団体、Palianytsia(提携団体)、ジャパン・プラットフォーム(助成団体)、そして私たちグッドネーバーズ・ジャパンのロゴが入ったシールを貼ります。これは「ビジビリティ」と呼ばれます。物資を受け取る人々に、私たちの団体名を明確に伝えることで、もしも物資に改善点や問題点を見つけた場合、私たちに伝えることができるようになります。シールを貼ったボックスは、倉庫から運び出されて人々へと届けられます。 

上の動画はへルソンでの支援物資を担当した提携団体のスタッフによるビデオメッセージです。 

動画より:「私は今、へルソン市に来ています。ここは、ほんの5日前にロシアによる占領から解放されたばかりです。私から、感謝の気持ちを伝えたいです。グッドネーバーズ・ジャパンからの皆様の支援ありがとうございます。今からこの越冬支援物資を配布してきます。5時間ほどで人々の手に届くでしょう。」

越冬支援の物資を受け取った方々(2022年11月~12月 ハルキウ州・へルソン州)

物資を受け取った方々は一様にほっとした表情を浮かべています。家族の人数に応じて受け取りができるように、1人用・2人用と箱の種類を変えています。

ネコと暮らす地下の寝室にて

ある方が、実際に生活している地下室に案内してくださいました。地下だと冬は底冷えする上、寝ている間は火を使えないので、着て温まることのできる今回の物資は助かるとのことです。 

ウクライナでは深刻な人道危機の状態が続いています。 グッドネーバーズ・ジャパンは人道危機に直面している被災地域に緊急に必要とされている食糧および医薬品・物資、越冬支援物資を届け、一人でも多くの人の命と暮らしを守るため努めていきます。 

ウクライナで支援を必要としているすべての人のため、どうか、緊急支援募金にご協力をお願いします。

関連ページ

【ウクライナ危機】食糧および医療物資の配布を行いました

【ウクライナ危機】10/6(木)緊急支援報告会を開催

【ウクライナ危機】これまでの支援の成果

【ウクライナ危機】グッドネーバーズ・ジャパンとして初の医療物資配布

【ウクライナ危機】緊急支援の活動現場:ウクライナ難民の物語 

【ウクライナ危機】グッドネーバーズ・ジャパン直接事業を開始

【ウクライナ危機】CFSで過ごす子どもの動画を公開しました

【ウクライナ危機】連携を強化しさらなる支援へ

【ウクライナ危機】4月22日(金)パブリックリソース財団主催 緊急オンラインイベントに登壇します

ウクライナ危機】子どものこころのケアを行っています

【ウクライナ危機】4月8日(金)オンライン生配信 ウクライナ人道危機から1カ月半「JPF緊急シンポジウム」に登壇

【ウクライナ危機】夫と父親を残して避難することを決断

【ウクライナ危機】難民の移動を支援しています

【ウクライナ危機】ルーマニアにグッドネーバーズ・ジャパンのスタッフを派遣しました

【ウクライナ危機】食糧配布とこころのケア

【ウクライナ危機】国内避難民向け食糧を出荷しました

【ウクライナ危機】グッドネーバーズ・インターナショナルが声明を発表

【ウクライナ危機】支援を全ての避難民にーインフラ・物流アクセスの改善に努める

【ウクライナ危機】緊急支援募金を開始しました

【ウクライナ危機】グッドネーバーズ・ジャパンとして初の医療物資配布

【ウクライナ危機】これまでの支援の成果

募金にご協力お願いします

※グッドネーバーズ・ジャパンは「認定NPO法人」です。ご寄付は寄付金控除の対象となります。

▼ クレジットカードで寄付

▼ 郵便払込で寄付

最寄りの郵便局で、窓口にある「払込取扱票」または 「郵便振替払込請求書兼受領証」に必要事項をご記入の上、お振込ください。 ご記入いただく事項は、下記の通りです。

口座番号 00900-9-78879
加入者名 NPO法人グッドネーバーズジャパン
金額 ご寄付いただきます金額をご記入ください
通信欄 「ウクライナ」とご記入ください。 領収書が不要でしたらその旨をご記入ください
ご依頼人・払込人住所氏名 必ずお名前、電話番号、郵便番号、住所をご記入ください

▼ 銀行振込で寄付

銀行でのお振込みの場合は、以下の口座にお振込みください。

※ 銀行振込みによるご寄付の場合、住所が特定できないため領収書をお送りすることができません。この場合は寄付金控除の対象外となりますので、何卒ご容赦ください。 ご希望の際は、郵便払込をご利用ください。

銀行名 三菱UFJ銀行 本郷支店
口座番号 普通 1155337
口座名義 トクヒ)グッドネーバーズ
振込依頼人名 振込依頼人名に続けて「ウクライナ」とご入力ください
例)ヤマダ ハナコ ウクライナ

ヤフーネット募金で寄付(Tポイントの寄付も可能です)

皆さまのご支援ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載
  • プレスリリース

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • モザンビーク
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2023
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • キモチと。
  • ちびっこおえかきコンテスト