世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2024.05.28 活動報告

【ウクライナ危機】ウクライナでの現金給付事業を紹介します

 

シェルターの外観

これまでグッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)は、ウクライナ国内で、前線近くの人々やコミュニティへの食糧・市販医薬品の支援、そして医療施設への医療機器や器具の提供など、様々な支援を行ってきました。 

2023年8月から始まった、フェーズ3事業では、ウクライナ東部ドニプロペトロウスク州での現金給付支援を行っています。

※本事業は、ジャパン・プラットフォームの助成を受け実施しています。   


なぜ、現金給付支援?


戦争の長期化で、多くの人が様々な形で影響を受けています。2023年のIOMの調査(※)によると、戦争を避け国内の別の場所へ避難している人々の56%が「(世帯の)預貯金を全部使い切ってしまった」という深刻な状況に置かれています。

特に前線に近い地域の人々は、以前まで一緒に生活していた家族の一部だけが避難し別々に生活するようになったことで生活費が増えたり、職を失ったり、収入が減ったりしているケースも多いです。

GNJPは、これまでウクライナに食糧、医薬品、越冬支援物資といったいろいろな「モノ」を届けてきました。その一方で、長引く戦争により、ウクライナの人々のニーズは多様化しています。

「各家庭や年代ごとにいろいろな困りごとを抱えています。現金給付であれば、自分が一番困っているところにお金を使うことができるので、とても助かります。」 

という声もあり、多様な困りごとの解決をサポートするため、現金の給付支援を行っています。 


現金給付支援でどんなものが買えるの?


現金給付への申し込みの様子①
現金給付への申し込みの様子②

私たちの現金給付支援では、事業実施時点でのウクライナのキャッシュワーキンググループ(国際機関、人道支援団体等から成る支援調整のためのグループ)という人道支援団体間の間で取り決められた基準に基づき 、1か月1人あたり、3,600UAH(日本円で約14,000円相当)の支援を3カ月分行っています。ウクライナの物価は日本の半分ほどであるため、この金額を受け取ると様々なものを買うことが可能となります。

給付金で食べ物を買う人もいます。基本的な食べ物だけでなく、食糧配布支援では入手が難しかったアレルギー対応食品も自分で選んで買うことが可能となります。他にも、給付金で家賃を支払う人や子どもの教育のための絵本や参考書を買う人、学費を払う人もいます。また、生活必需品でなくても、心を満たすために画用紙と色鉛筆を買って絵を描く人もいるかもしれません。

このように今、その人にとって、最も必要なものはそれぞれ異なります。そのため、私たちは多用途・多目的で活躍する現金給付の支援を行っています。この支援によって、少しでも、ウクライナで生活する人々が元通りの生活に近づけるようお手伝いができればと思っています。 


本当に困っていることにお金が使われるの?


現金給付支援を行うと、ギャンブルやお酒にお金を使ってしまうのではと心配の声をよくいただきます。しかし、ウクライナのような戦争が続いている地域では、貯金が底をつき、日々の生活へのお金が必要なため、大多数の人は先ほど挙げたようなお金の使い方をします。

一方で、生活に欠かせない現金給付支援をギャンブルやお酒に使用してしまう人もごくわずかにいます。しかし、このような状況でそうしたお金の使い方をしてしまう人には、トラウマに悩まされている、依存症を抱えているなどの別の問題が隠れている可能性があります。

私たちの事業では、各世帯のお金の使い方をモニタリングしています。もし問題のあるお金の使い道をした人には、そのように行動した理由がある可能性を考慮し、その人の問題を知り解決につなげるべく、カウンセリングや治療などができる施設や団体に紹介したりします。 



現金給付への申し込みの様子③

今後の支援について


GNJPでは、緊急期や市場が麻痺している地域にはモノ、市場が回復しつつある今は現金の給付など、タイミングに合わせた支援を行ってきました。一方で、ずっとそのような支援に頼って生きることは、人間としての尊厳を少しずつ損なってしまうおそれもあります。

本当に困った時には受け取り型の支援を活用しつつ、侵攻前のような暮らし方ができるように、GNJPはその場所、そのタイミングで最も適している支援を組み立て、実施していきます。

引き続きのご支援、よろしくお願いいたします。 



Ukraine — Internal Displacement Report — General Population Survey Round 14 (September – October 2023) | Displacement Tracking Matrix (iom.int) 



関連ページ

【ウクライナ危機】今冬もグッドネーバーズ・ジャパンは、越冬支援を行いました

【ウクライナ危機】給水施設修繕事業の工事をはじめました

【ウクライナ】「開発協力白書」にグッドネーバーズ・ジャパンの実施事業が掲載されました

【ウクライナ危機】ルーマニアに移住したウクライナ人家族を訪問しました 

【ウクライナ危機】2/20開催のイベント「ウクライナの復興と企業・NGOの連携の可能性」にGNJPスタッフが登壇

【ウクライナ危機】心理社会支援ファシリテーターの研修を行っています

【ウクライナ危機】越冬支援物資の梱包、配送を行っています

【ウクライナ危機】「ただ助けたい」子どもたちを支える現地職員にインタビュー 第2回

【ウクライナ危機】厳しい冬、人々の生活を守るため越冬支援を開始

【スタッフブログ】新生ProVeritas学校、ウクライナの子どもたちの新たな学び舎

【ウクライナ危機】PSS専門家による研修を受けました

【ウクライナ危機】「つらい体験も人生の糧に」子どもたちを支える現地職員にインタビュー 第1回

【ウクライナ危機】第二回緊急支援報告会を開催しました

【ウクライナ危機】人道支援事業 フェーズ3を開始します

【ウクライナ危機】人道支援事業のフェーズ2が終了しました

募金にご協力お願いします

※グッドネーバーズ・ジャパンは「認定NPO法人」です。ご寄付は寄付金控除の対象となります。

▼ クレジットカードで寄付

▼ 郵便払込で寄付

最寄りの郵便局で、窓口にある「払込取扱票」または 「郵便振替払込請求書兼受領証」に必要事項をご記入の上、お振込ください。 ご記入いただく事項は、下記の通りです。

口座番号00900-9-78879
加入者名NPO法人グッドネーバーズジャパン
金額ご寄付いただきます金額をご記入ください
通信欄「ウクライナ」とご記入ください。 領収書が不要でしたらその旨をご記入ください
ご依頼人・払込人住所氏名必ずお名前、電話番号、郵便番号、住所をご記入ください

▼ 銀行振込で寄付

銀行でのお振込みの場合は、以下の口座にお振込みください。

※ 銀行振込みによるご寄付の場合、住所が特定できないため領収書をお送りすることができません。この場合は寄付金控除の対象外となりますので、何卒ご容赦ください。 ご希望の際は、郵便払込をご利用ください。

銀行名三菱UFJ銀行 本郷支店
口座番号普通 1155337
口座名義トクヒ)グツドネーバーズジヤパン
振込依頼人名振込依頼人名に続けて「ウクライナ」とご入力ください
例)ヤマダ ハナコ ウクライナ

ヤフーネット募金で寄付(Vポイントの寄付も可能です)

皆さまのご支援ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載
  • プレスリリース
  • 未分類

活動地域

  • すべて
  • インド
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • モザンビーク
  • ウクライナ
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2024
  • 2023
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • キモチと。