世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2008.02.19 キャンペーン・イベント

写真展 “アフリカの子どもたちに笑顔を” in パクチーハウス東京 報告

2008年2月1日から2月17日まで、「アフリカの子どもたちに笑顔を」写真展をレストラン「パクチーハウス東京」さんで、開催させて頂きまいた。お越しいただきました皆様、ご興味を抱いて下さった皆様、ありがとうございました。また、パクチーハウス東京のオーナーであり、株式会社旅と平和の佐谷恭社長をはじめ、スタッフの皆様には、写真展に多大なご協力を頂きまして、ありがとうございました。パクチーハウス東京さんでは、展示の他にもグッドネーバーズオリジナルコースターをお客様に配っていただきました。皆様の心暖かいご協力に深く感謝申し上げます。

写真展
写真展

写真展にお越し頂いた方から感想が届いていますので、ご紹介させて頂きます。

グッドネーバーズ・ジャパンの写真展について (早稲田育英ゼミナール 塾長 高橋優介)

まずお店の印象は開放感があり店内も非常に明るいので居心地が良かったです。写真展というと、私は以下の欠点を安易に想像してしまいます。まず、写真展というと、写真のみ掲示されており、本当に興味のある人が考察する場でしかないのではないかということです。

また、写真展の目的である「知ってもらう」こと自体、具体的には知らせる側と知る側の温度差です。それが強く訴えたいものであればあるほど、知らせることに力を入れすぎて、知る側に強制、圧力が無意識のうちにかかっていることです。知らなければならない、このプレッシャーが「興味がある」程度の人がこの場に入ることに躊躇いを感じさせる原因かと思います。

得手勝手ですが私としてはこの場は、何も知らない人が知る機会であって欲しいと願って止みません。

今回このレストランという場所で写真展を開くというアイデアは以上の私が考察した欠点を見事に解消していると思いました。それは対話が思い切りできる空間であるということです。

インプットだけではその場に勉強しにいったというイメージが強くなり、その先に自分が考察したものが反映されず、ややもすれば風化してしまう可能性があると考えます。

それがこの場所でなら、対話をし、意見を交わし、自分の知らなかった考え、相手の知らなかった一面を斟酌する絶好の機会になります。身近な人の考えも聞くことができ、相手との関係も含め、印象深い時間を過ごすことができると思います。

蛇足ですが、知るとは考察をして、それを人と意見を交換することで自分のものにしていくものではないかと思います。写真展を含め、「知らせる」機会はこのようであるべきだと考えています。

また椅子に座れて鑑賞することができるのもポイントだと思いました。私は美術館に時時行くのですが、どうも中盤以降混雑と立ち見の疲れでゆっくり鑑賞できなかったと残念な気分になります。それが椅子のお陰でゆっくり鑑賞できるのはいいなと思いました。そして今回の開放された空間その温度差を緩和し、「知ってもらう」という場として相応しいものだったと感じています。

写真展 “アフリカの子どもたちに笑顔を” in パクチ―ハウス東京

アフリカ写真展
アフリカ写真展

皆さんパクチ―はお好きですか?

パクチ―は、英語でコリアンダーと呼ばれており、ハーブの一種なのですがタイ料理やベトナム料理など食べる時、たびたびパクチ―に出会うことがあります。

個性的なパクチ―の香りが大好きな人もそうでない人も、ぜひ知っていただきたいお勧めのレストランカフェがあります。その名も、東京都世田谷区は経堂駅近くにある「パクチ―ハウス東京」さんです。

レストランカフェ「パクチーハウス東京」さんは、“旅と平和”をテーマにお店の空間、「Piece Of Peace プラザ」を個人・団体へ提供しています。グッドネーバーズは、2008年2月1日(金)から2月17日(日)まで、パクチ―ハウス東京さんの「Piece Of Peaceプラザ」において、“アフリカの子どもたちに笑顔を”をテーマにした写真展を開催させて頂きます。

とても素敵なお店で、美味しい料理と美味しいビールを味わいながら、ケニア、エチオピアの子どもたちの笑顔と現実の姿に逢いにきてください。

写真展テーマ:「アフリカの子どもたちに笑顔を」

~ グッドネーバーズ×パクチ―ハウス東京 ~

開催日: 2008年2月1日(金)~2月17日(日)
場所:  パクチーハウス東京「Piece Of Peaceプラザ」 (最寄駅:小田急線経堂駅)
住所:  東京都世田谷区経堂1丁目25-18-2F パクチーハウス
電話:  03-6310-0355
営業時間:13:30 ~ 17:00、18:00 ~ 23:30   (月曜日定休、年末年始など不定休もあり)
入場可能な方: パクチーハウス東京でご飲食される方
パクチーハウス東京URL:メニュー、店舗地図はホームページをご覧ください。
http://paxihouse.com/

「パクチ―ハウス東京」店長、佐谷恭さんからのメッセージ

グッドネーバーズのサポーターのみなさま、こんにちは。株式会社旅と平和の佐谷恭と申します。当社は“旅人が平和を創る”ことを示した私の修士論文を根拠に、さまざまな事業を展開しています。

この度、当社が運営する“交流する飲食店”パクチーハウス東京内の「PieceOfPeaceプラザ」にて、グッドネーバーズさまに「アフリカの子どもたちに笑顔を」と題する写真展を開いていただけることになりました。ご利用に感謝するとともに成功をお祈り申し上げます。

パクチーハウス東京は、その名の通り、地中海発祥でアジア料理などにもよく使われる香草“パクチー”を使った料理を提供するお店です。飲食店というのは「美味しいものを食べるための場所」というのはアタリマエですが、パクチーハウス東京ではこの場所をさらに「楽しい場所」にすべく、日々努力しています。当店では一緒に来られる方だけではなく、他のお客様や店員と会話を楽しんでもらうことにより、料理を一層美味しく感じてもらうためのさまざまな取り組みを実行しています。

また、店内の一部のスペースと壁を“旅と平和”をテーマにした団体・個人に無料で貸し出しています。この「PieceOfPeaceプラザ」で、お客様には来るたびに違う雰囲気を味わっていただき、“旅と平和”について考える人たちにはそれぞれの表現の場として使っていただきたいと思います。写真や絵画の展示のほか、民族楽器の演奏会や音と光を使ったインスタレーションなども予定されています。みなさまのご来店を心待ちにしております。

この写真展を機に、グッドネーバーズを知る人が増え、活動が大きく飛躍することを期待しております。

株式会社旅と平和 パクチーハウス東京
佐谷 恭

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • 古本で世界の子どもを笑顔にしよう GOOD BOOKS
  • ちびっこおえかきコンテスト