世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2021.01.25 人道支援

【バングラデシュ サイクロン】被災地にて食糧配付・家屋修繕支援を実施しています

昨年5月20日に大型サイクロン・アンファンがバングラデシュ南西部に襲来し、特に沿岸部に甚大な被害をもたらしました。

グッドネーバーズ・ジャパンは、被害が最も深刻な地域の一つであるパトゥアカリ県カラパラ郡に所在する5つのユニオン(ミザガンジ、バリアトリ、ダルブガンジ、チャカモヤ、ラルア)において、最もニーズが大きい食糧配付支援に加え、被災者が安全に生活できるよう家屋修繕支援を実施しています。

食糧キットの配付

食糧配付支援では6,990世帯を対象に、主食である米やイモに加え、豆類、調理する際に必要な食用油と塩を配付し、家屋修繕支援では、サイクロンにより屋根が損壊した1,100世帯を対象に1世帯当たりトタン板14枚を配付予定です。

主な事業内容

1月6日からダルブガンジ、チャカモヤ、ラルアにおいて食糧配付支援を実施し、6,990世帯の内4,390世帯へ食糧を配付しました。1月中に全6,990世帯への食糧配付を完了し、家屋修繕支援を開始する予定です。

配付時は新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのマスクや手袋、防護服の着用、配付対象者へのマスク着用要請、手洗い場の設置、グループ分けと1日数回制のスケジュール調整等、対策を徹底しています。

新型コロナウイルス感染対策 手洗い場の設置

現在バングラデシュにおいても新型コロナウイルス感染症の蔓延は深刻であり、未だ渡航制限が緩和されていないため、今回は日本から現地にスタッフを派遣することなく遠隔で事業を実施しており、現地での活動はグッドネーバーズ・ジャパン指揮の下、グッドネーバーズ・バングラデシュのスタッフが行っています。

※当事業はジャパン・プラットフォームの助成により実施されています。

現地スタッフによるモニタリング

現地事業統括担当の松本スタッフより

サイクロン・アンファン襲来から半年以上が経過しましたが、現地では未だに食糧確保が困難な状況が続いています。また、損壊した家屋を修繕できていない世帯は、厳しい寒さに耐えながら毎日生活をしています。このような状況に置かれている人々に、少しでも早く支援を届けることができるよう努めて参ります。

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • キモチと。
  • ちびっこおえかきコンテスト