世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2022.02.25 活動報告

グッドごはん活動報告 2022年1月配付

厚生労働省が2020年に公表した「2019年国民生活基礎調査」によると、2018年度の子どもの貧困率は14.0% (新基準)にものぼり、ひとり親世帯の子どもの貧困率は48.3%(新基準)で、約2人にひとりが相対的貧困の状態です。グッドネーバーズ・ジャパンはまずこのひとり親世帯へ焦点をあて、「ひとり親家庭等医療費助成制度医療証」を持つ家庭を対象に食品を提供しております。本事業を通し、生活に困難を抱える家庭が安定し自立した生活を送ることができる、その一助となるように支援してまいります。

2022年1月の配付報告

配付日・場所 17箇所22回(東京8箇所10回、大阪9箇所12回)
配付世帯数 1,012世帯(東京 487世帯、大阪 525世帯)
配付世帯の
子どもの
合計人数
1,780人(東京 839人、大阪 941人)
累計配付世帯数(のべ)(2017年9月から) 20,997世帯

利用者からの声

1月も、安全に食品をお渡しできるよう感染対策をしながら、対面で配付をおこないました。個人の方や企業の方からの食品寄付を多くのひとり親家庭の方に提供することができました。利用者の皆さまから、今月もたくさんのコメントが届いています。

お子さんからかわいい絵とメッセージを頂きました!

・「毎月いただけるお米やレトルト食品等が、とても有り難く、いつも感謝しながら美味しくいただいております。前回はカルピスもいただき、子供も大喜びでした。お菓子も毎回ありがとうございます。スーパーでは、なかなかお菓子を買ってあげられないので、とても助かります。本当に感謝しております。ありがとうございます。」

・「1月に初めて受け取りました。シリアル、保存食は私の帰りが遅いとき子供が自分で食べてくれるので大変助かりました。お米を持って帰るのは大変でしたが、それ以上にその重みが有り難くて大切に抱えて持って帰りました。」

・「普段購入出来ない物をいただけたり、あと1品欲しい時の非常食など、いつもとても助かっています。ありがとうございます。」

・「いつもありがとうございます。毎回大切に食べさせていただいております。先日ハーシーのシリアルを見てスタッフの方に翌日にはなくなってそうですと笑いながらお話したのですが、現実になりました。普段食卓に上げることができないものありがとうございました。」

・「1月に頂いた里芋は、娘の好きなイカと煮てとても美味しく頂きました。娘も大喜びです。ありがとうございます。」

・「受け取りに行くたびに皆さまの優しい対応に感謝です。日々不安でいっぱいあるの中、あんなに素敵な食品をいただけることもなによりもホッとします 」

担当者より

新拠点での配付を開始しました!

1月は先月に引き続き対面での配付を行いました。取りに来られる利用者の方からは「助かっています」「こんなに頂いていいんですか?」などの嬉しいお声を頂くことができ、我々スタッフもあたたかな気持ちに包まれました。

また、皆様のご支援のもと、配付拠点を拡大することができました。たくさんのひとり親家庭の方々がコロナ禍でも安心して食品を受け取ることができる体制構築に努めております。

応援してくださる皆様のあたたかいご支援、本当にありがとうございます。より多くのひとり親家庭の方に食品を届けられるよう精進いたします。引き続き、グッドごはんの応援をよろしくお願いいたします!(嶋田)



絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載
  • プレスリリース

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • モザンビーク
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • キモチと。
  • ちびっこおえかきコンテスト