世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2015.05.29 人道支援

マラウイ洪水緊急支援 556世帯に食料や生活用品を配布

マラウイ共和国では、2015年1月初旬からの大雨が数週間続き、大規模な洪水が発生しました。これにより106人が死亡し、災害から3か月以上が経過した今でも未だ16万2千人以上の人々が避難生活を強いられています。 (Department of Disaster Management Affairs (DoDMA) of Malawi:マラウイ災害局 3月31日時点)。

災害から時間が経ってはいるものの、あまりに被害が甚大であるために未だ多くの避難民がいること、また支援が行き届いていない地域があることを受けて、グッドネーバーズ・ジャパンは4月26日よりスタッフ二名を被災地に派遣しました。政府から支援の要請があったパロンベ地区において、被災者の中でも特に脆弱な世帯に、最優先のニーズとして挙げられている日用品および1か月分の食糧を配布する予定です。

この緊急支援事業には、皆様のご協力が必要です。いただいたご寄付は、緊急支援物資の調達、配布、モニタリング、及び被災者のサポートのために使わせていただきます。 どうぞ募金にご協力お願い致します。


※マラウイ洪水緊急支援募金の受付は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。 ※グッドネーバーズ・ジャパンは認定NPO法人です。ご寄付は寄付金控除の対象となります。

※本事業はジャパン・プラットフォームの助成によって実施されています。

支援物資を配布するグッドネーバーズ・ジャパンスタッフ

5月23日から25日にかけ、洪水で被災した世帯への物資配布が完了しました。
南部州パロンべの556世帯に食糧と石鹸や調理器具・蚊帳などの生活用品、そして家の再建に必要なビニールシートなどを配布しました。

主食のトウモロコシが入った袋は50kgもありますが、赤ちゃんをおぶったお母さんや高齢の方も、頭にのせて運んでいました。自転車を近所で借りて来ている世帯が多いようでした。

支援物資配布に集まった人々
50キロのトウモロコシを頭に乗せて運ぶ

後日、グッドネーバーズ・ジャパンのスタッフがいくつかの世帯を訪問したところ、洪水で家や家財を流されたり、主食のトウモロコシが不作だった家庭が多かったため、配布した調理器具や食料が特に重宝されていました。
現地は日中は厳しい暑さが続きますが、朝晩は息が白くなるほど冷え込みます。各世帯に2枚ずつ配った厚手の毛布も早速使われていました。

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • 古本で世界の子どもを笑顔にしよう GOOD BOOKS
  • ちびっこおえかきコンテスト