世界中の子ども達に笑顔を。途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

*
2021.08.12 活動報告

【ネパール】女子生徒の月経衛生事業

皆さんは「チャウパディ(Chhaupadi)」という慣習について聞いたことがありますか?

ネパールの一部の地域でヒンズー教を信仰する人々に残る「チャウパディ」とは、女性の月経血を不浄なものとみなし、月経期間中の女性を家と家族から隔離させる慣習のことを指します。

チャウパディの慣習を守らなければ家族に災いが降りかかるとされており、月経が訪れた女性は「生理小屋(Chhapadi hut)」と呼ばれる小屋に1人で泊まることになります。

「生理小屋」の例

生理小屋では、不衛生な環境、寒さ、性的暴行、栄養不足、野生動物などによって女性が隔離中に心身の健康を害したり、実際に命を失う事故が相次ぎ、2005年にネパール最高裁によってチャウパディは違法とされましたが、多くの地域では未だに行われています。

初潮を迎えた女の子たちも例外ではありません。自宅から遠く離れた静かな小屋で何日もひとりで過ごさなければならず、パニックに陥る女の子たちがいます。

生理というだけで… 社会的・文化的慣習による日常生活における差別

2021年の日本のジェンダー不平等指数は188カ国中120位となり大きな問題になりましたが、ネパールも106位と、ジェンダー平等について課題を抱えています(世界経済フォーラム)。チャウパディの慣習が残るように、月経に対する否定的な認識は特に根強く、月経中ネパールの女性は属する宗教、民族、居住地域によって日常生活の様々な面で制約を受けます。

グッドネーバーズ・ジャパンの佐藤スタッフがネパールで複数の属性の人々に対して行った、月経に関する意識の聞き取りでは、宗教や地域、個人の感じ方によって非常に様々な実態があることがわかりました。

「初潮を迎えたとき離れで過ごすことに対し、父親は必要性がないとして母をたしなめたが、母親は(神への畏れもあって)隔離で過ごすことをすすめた。自分が知る限り、月経隔離やタブーへの順守を勧めるのは女性側である」

(20代)

「生理中であることを他者に伝えることに小さなころは抵抗を感じていたが、現在は自然に近親者に伝えてタブーを回避するようになった。むしろ生理中であることを(母親などに)だまって過ごすことに後ろめたさを感じる」

(20代女性)

「月経期間中のタブーは根底に神への畏れがある。特に年長者に対し、その習慣を変えるように強要することは難しい。習慣をまっこうから否定しそれを強制的に排除してもまたいずれ隔離小屋は作られる。それよりもむしろ、衛生的な隔離スペースの整備を進めることが一方では必要ではないか」

(40代男性)

その他、「月経に関するタブーはまったくない」(ネパール中部タライ/20代後半/仏教徒)、「月経に関するタブーはないが、出産直後の隔離の慣習がある」(ネパール西部タライ/20代女性/キリスト教徒)など、ヒンズー教以外の女性には行われなかったり、月経期間中の行動制約があっても「月経中であることを理由に様々な家事から逃れられるから特にいやだと感じていない」(20代女性)という声がありました。

月経期間中の行動制約を受ける当事者や家族のなかには、この慣習を受け入れて生活しているように見られる人も多くいます。しかし私たちは、少女が月経中に隔離された小屋で孤独と恐怖を感じながら過ごし、性的暴行や野生動物からの危害の危機にさらされ、寒い季節には、凍死する可能性や暖を取るために起こした火によって発生した一酸化炭素中毒の事故などの事実を許容することはできないと考えます。

バジュラ郡の月経衛生環境

ネパールの月経をめぐる環境は一様ではないという前提があるものの、未だに月経中の女性が厳しい生活を強いられる地域も根強く残っています。

特に、ネパールのバジュラ(Bajura)郡は、月経に対する施設が最も整備されていない地域の一つでそれに対する認識も低いものとなっています。グッドネーバーズがバジュラ郡内の学校のトイレを調べた結果、しっかりとした仕切りや鍵が付いていないトイレが全体の67%を占め、ほとんどのトイレには適切な水道も設置されていませんでした。

そのため、特に月経中の女子学生は、不衛生で危険な環境に置かれています。

バジュラ地域のWinS schools(ユニセフの水衛生プログラム実施校)における調査結果

さらに、使い捨ての生理用ナプキンへのアクセスも難しく、約95%の女子学生が手縫いまたは縫製の布ナプキンやぼろきれを使用しています。中には月経期間中は「ズボンを2、3枚重ね履きする」「なにも処置をしない」という女子生徒も見られました。

グッドネーバーズ 月経衛生管理改善事業

トイレおよび水道の建設

事業対象校トイレ設備状況
・仕切りがない
・きれいな水が出ない
・生理用ナプキンを交換したり、処理したりしにくい

このようなトイレでは、月経期間中に適切な処理をすることが難しく、授業中に月経を迎えると家に帰宅する学生も多くいます。バジュラ郡では、授業中に月経が始まった場合、服を着替えるために帰宅し、再び授業には戻ってこない女子生徒の割合が33%にのぼります。翌日以降も月経が終わる日まで登校しない生徒も少なくありません。
こうした状況は、ネパールの女子生徒が自由に教育を受ける権利を奪い、本人たちにも月経を不浄なものだと認識させる要因にもなっています。

グッドネーバーズは、女の子が月経中でもいつもと同じように教育を受けられる環境を作るため、2020年からネパールのバジュラ郡において月経衛生管理改善事業を行っています。
女子生徒の月経期間中の欠席問題を解決するために、地域内の14校を対象に老朽化したトイレを補修して月経衛生に配慮したトイレや水道を新たに設置しました。

月経衛生に配慮したトイレや水道を新たに設置

「月経中でも使いやすい女子トイレができることで女子生徒が衛生的に過ごせる、女子生徒が自分たちの権利のために声を出すことができるという自信にも繋がりました」

-月経衛生管理改善事業対象校である、ドゥラルサイン中学校の先生 –

校内衛生用品、生理用ナプキンを無料で提供

グッドネーバーズは、生徒に使い捨て生理用ナプキンと衛生用品を配付し、これからも学校で生理用ナプキンを手に入れることができるよう校内に生理用ナプキンを無料で供給する機器を設置しました。ナプキンの盗難などもなく、今でも有効に使われています。

「学校に月経衛生に配慮したトイレが建設されて衛生用品が置かれたことにより、女子学生の出席率がはるかに向上しました」

-月経衛生管理改善事業対象校である、カイラシュエショワリ中学校の先生 –

地域住民対象の認識改善教育

ネパールでは、月経の話をすることに対して消極的な文化のため、男子生徒だけではなく女子生徒も月経について正しい知識を持つことができていません。

グッドネーバーズは、女子生徒が自ら、女性の身体と権利について理解できるように月経教育を行っています。 また、各学校で組織された保護者、男子生徒、地域のリーダー等に月経衛生に関する教育を行い、地域の人々の意識改革を進めています。

「以前は友達とも生理や生理痛の話をしにくかった。でも、今は生理が自然な現象であると知りました。
もう生理について話をするのが恥ずかしくないです」

– ガヤトゥリ サティヤバディ中学校 生徒 –

グッドネーバーズは、今後も女の子が衛生的な環境で健康に育つことができ、自分たちの身体を自信をもって愛せるよう最善を尽くしてまいります。

絞り込み

カテゴリー

  • すべて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • 人道支援
  • 現地スタッフから
  • キャンペーン・イベント
  • メディア掲載

活動地域

  • すべて
  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • ネパール
  • バングラデシュ
  • エチオピア
  • チャド
  • 日本
  • その他

年代

  • すべて
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 子どもサポーターになりませんか?
  • キモチと。
  • ちびっこおえかきコンテスト