2013.10.24 支援事例

カンボジア また学校に通えるようになったサンバスちゃん

支援事例
こんにちは!私は、カンボジアの首都プノンペンに近いロルオス村に住む14歳の中学生です。
私は2011年までグッドネーバーズ・カンボジア(GNC)が運営する小学校の6年生でした。しかし2012年の初め、父が重病を患い治療のためのお金がなかったので、学校を辞めなくてはなりませんでした。学校に通う友達を見る度に嫉妬しひどく動揺しました。

母は、治療費のために借金をしましたが、返済するお金がなく、私は住んでいる町から遠いタイとの国境沿いにあるレストランで働かなければなりませんでした。
それはとても辛く、それ以上に家族と学校が恋しくて毎晩泣いていました。そこで働き始めてからは体重がどんどん減りました。自分の人生は終わったんだと感じ、また学校に通えるチャンスが巡ってくるとは思いませんでした。

ところがある日、母が私を連れ戻しにレストランに来ました。GNCの支援によって、母は借金を返済し、さらに80人の園児が在籍するセンターで調理師の職を得ることができたのです。
そして私は「もう一度学校へ行く」という夢をようやく叶えることができました。

今は、中学校に進学して勉強を頑張っています。私の家は貧しい家庭ではありますが、GNCが自転車や教材、制服などを支援してくれるため、貧しさはもはや大きな問題ではありません。父は病気がよくなったら、警備員として仕事に復帰する予定です。
グッドネーバーズは私達家族に笑顔と希望を運んでくれました。ありがとうございます!

子どもスポンサー