インドネシアの活動の事例

インドネシアで実施する事業の一部をご紹介します。

※ CDPとは:(Community Development Project)グッドネーバーズが実施する地域開発プロジェクトです

メダンCDP*

英語の授業

英語の授業
子どもたちは、都合のよい時間や成績に応じて、6グループに分けられます。 そして、週に一度の英語の授業を受けています。
英語の授業
3人の英語の先生が交互に授業を行っています。

栄養支援

栄養支援
毎日サポート対象の子どもたちにミルクを提供しています。

健康診断

健康診断
子ども達の健康診断は、現地の医者や看護師と共に、6月と12月に年に2回行っています。子ども達は、皮膚、口、目、耳などの検査を受けます。
健康診断
子ども達は2グループに分けられ、順番を待っている間お絵かきをします。

ムラボCDP

職業訓練

職業訓練断
若者達にはコンピューターや英語、電気機器修理、大工などの職業訓練を実施しています。

教育支援

職業訓練断
日常品や文房具などを提供しています。
3つの学校でアフタースクールプログラムを開き、数学と英語を全ての学年の生徒たちに教えています。
ダンス、テニス、クリケットなど様々な野外でのアクティビティーを行っています。
学校の子どもたちとその周辺の人たちのために図書室をつくり運営をしています。

ムラボ地域にあるDrien Rampak小学校の様子や、グッドネーバーズの教育支援を受け、学校に通う子ども達の様子を現地のスタッフが撮影しました。真剣に授業を受ける様子や、元気いっぱいに遊ぶ姿が印象的です!
子どもスポンサーを募集しています

皆さまから寄せられる一つひとつの支援が、プロジェクト地域の子どもの成長を 助け、地域社会の発展を支援する大きな力となります。