教育支援

教育は子ども達にとって、その後の人生を左右する大切な要素です。十分な教育を受けることができなければ、読み書きや計算もできません。希望の仕事に就くことが難しいばかりでなく、日常生活でも大きなハンディキャップを負い、貧困のスパイラルに陥ってしまうのです。
世界中のすべての子ども達には教育を受ける権利があります。しかし、貧困、宗教、差別等の問題から小学校にすら通えない子ども達がたくさんいるのが現状です。
一方、教育環境が整えば、子ども達が十分な教育を受けられるだけでなく、学校を中心にコミュニティが活性化し、地域に良い効果をもたらすケースも多々あります。教育は子ども達の、そして地域全体の希望になります。

世界の教育事情

  • 5780万人の子ども達が小学校にすら通えません。
  • 2億5000万人の子ども達は読み書きができません。
    そのうち1億3000万人は、学校に通っていながらも質の高い教育を受けられず、基礎学力を習得できていません。
  • 7億8100万人の大人が読み書きができません。
  • 63%の若者は中等教育を受けられず、仕事や生活に必要な能力を身に付けられません。

>EFAグローバル・モニタリング・レポートより

活動内容

教育支援では子ども達には教育を受ける権利のために様々な事業を行っています。下記はその一部です。

学校建設・運営

途上国では、子ども達のための教育環境が整っていない地域が多く存在します。通学できる範囲に学校がないため、毎日数時間も歩いて登校しなければならない子ども達や、学校に通うことを諦めざるを得ない子ども達もいます。
また、公立の学校があっても、政府の援助や資金が不足しているために教室の数が足りない、先生が足りない、机や椅子、黒板といった備品が揃っていない等の問題があり、十分な教育を受けられないケースも少なくありません。

グッドネーバーズは、そのような状況に置かれている子ども達が質の高い教育を受けられるよう、学校を建設・運営するプロジェクトを実施しています。

プロジェクト事例 バングラデシュ

バングラデシュ北部の農村地帯、ガタイル。地域内には8つの村がありますが、学校はひとつもなく、子ども達は2~6㎞以上歩いて通学するか、もしくは学校に行くのを諦めるしかありませんでした。
住民の要望を受けて、グッドネーバーズがガタイル小学校の運営を始めたのは1998年。当初は、地元リーダーから小さな小屋を提供してもらい授業をしていました。その後、多くの方のご支援により2階建ての校舎ができ、今では小中学生合わせて400人以上の生徒がこの学校で教育を受けています。
国語や算数などの基礎的な授業はもちろん、情操教育や課外活動にも力を入れています。毎週金曜日には、お絵かきや合唱等、様々な課外活動を行い、生徒達は多様な経験を通して学ぶことができます。

プロジェクト事例 ネパール

ネパールの首都カトマンズの市街から南に約10㎞行ったところにバディケルという地域があります。この地域に住むパハリという民族は、カースト制度の考え方が根強く残るネパールにおいて、生活、職業など様々な面で差別を受け、社会から取り残されています。
差別は子ども達の教育環境にも影響を及ぼします。パハリの子ども達は他民族の子ども達と同じ学校には通えません。同じ公立学校でも、パハリの子ども達が通う学校は設備が古く、メンテナンスもずさんでトイレも使用できない状態でした。さらに、高カーストに属している先生達は、パハリの生徒達に対しては最低限の事しか教えず、教育の質にも問題がありました。
グッドネーバーズは、子ども達が理不尽な差別を受けずに学べるようバディケルに学校を設立し、運営をしています。現在は、150人以上の子ども達がこの学校に通い、質の高い教育を受けられるようになりました。教師の質、教材、教授方法などは、地方政府組織からも高い評価を受けています。

校舎の増築・修築

現在、多くの国で初等教育の無償化が実現し、就学率は上がりました。しかし、途上国では国や地域に資金がなく、多くの学校が設備や環境に課題を抱えたまま運営されています。生徒の数に対して教室が足りなかったり、壁や屋根が壊れかけていて雨風が入り込むような校舎で授業をしている学校も少なくありません。
生徒や先生が安心して過ごせる環境を整えるため、グッドネーバーズは校舎の増修築も支援しています。

プロジェクト事例 ネパール

ネパール西部のバルディア地域にある小学校。もとあった場所が洪水被害に合い、移転を余儀なくされました。しかし移転先の校舎は安全とは言えず、晴れの日は暑く、雨が降れば室内が濡れてしまうような隙間だらけの教室で、子ども達は授業を受けなければなりませんでした。
グッドネーバーズはこの学校の修築支援を申し出、2012年に新しい校舎ができました。今では150人の子ども達が、この学校で快適に勉強しています。
(写真は雨漏りしていた以前の教室)

図書館の設立、運営

子ども達にとって、本は知識や広い視野を与えてくれる貴重な教材です。誰もが自由に利用できる図書館は、子ども達の学ぶ意欲や知的好奇心を満たし、将来の可能性を広げてくれます。
グッドネーバーズは、本と触れ合う機会が限られた子ども達のために、図書館を建設・運営しています。

プロジェクト事例 ケニア

ケニアの首都ナイロビから車で5時間ほど離れた所にあるメグアラは、約5000人のマサイ族の人々が伝統的な暮らしを営む地域です。
小学校はありますが、資金が不十分で学ぶ環境が整っていません。図書館もなく、子ども達が手にできるのは最低限の教材だけでした。教育の機会が限られている子ども達のために、2009年4月、グッドネーバーズは図書館を設立しました。本を見るチャンスすらなかった子ども達が、今ではメグアラ図書館で夢を育んでいます。

教育支援のプロジェクトをご支援してくださる方を募集しています
教育は発展途上国が自立するためになくてはならないものです。子ども達が教育を受け、地域の明るい未来を気づくことができるよう、学校や図書館の建設、修繕、運営を行います。