2018.04.05 活動報告

衣類の寄付が、カンボジアの給水施設に

着なくなった衣類を換金し、世界の子ども支援に役立てる『リサイフク』により、カンボジアにおいてウォーターポンプ・プロジェクトを実施しました。

きれいな水で手洗いができるように

この給水施設は、株式会社ベクトルと当団体が協働で実施している衣類の回収プロジェクト『リサイフク』の支援金で作られたものです。リサイフクには全国から沢山の衣類が寄せられ、これまでにのべ17,000人を超える方からご協力をいただいています。

活動報告

カンボジアのバッタンバン県にあるスマ・コールという地域では、過去1年間で5歳以下の子どもの89%が、汚れた水などが原因とされる病気にかかりました。この地域の人々の多くは、湧き水を飲んで暮らしています。しかし湧き水にはゴミや動物のふん尿などが混ざっており、とても衛生的とは言えません。

首都プノンペンではほぼ100%の人が安全な飲み水を手に入れられるのに比べ、この地域では安全な飲み水を手に入れられる人は49.9%、トイレを使うことができる人は56.2%しかいません。
道路や学校の建設などが優先され、安全な水へのアクセスや衛生環境の設備は後回しにされているのが現状です。

グッドネーバーズ・ジャパンは、この地域のクロウス小学校に、電気がないこの村でも、太陽光の力で水を汲み上げることのできる「ソーラーポンプ」と手洗い場の設置、およびトイレの修理を行いました。
また、水をろ過する浄水器を支援し、工事終了後には地域の衛生知識の向上のため、生徒と家族を対象に水と衛生に関するワークショップを開催しました。

ソーラーパネルで電気のない村でも発電可能に ソーラーパネルで電気のない村でも発電可能に
汲み上げた水を貯蔵するタンク 汲み上げた水を貯蔵するタンク

完成した手洗い場やトイレは、生徒だけでなく村の住民も使うことができます。 これによって、子どもたちの健康面でのリスクが軽減され、学ぶ・遊ぶといった子どもらしい生活を送るための大切な基盤を整えることができました。当設備は長く清潔に使い続けられるよう、今後はグッドネーバーズの助言のもと、学校が責任をもって管理していきます。

プロジェクト名 カンボジア ウォーターポンプ・プロジェクト
(ソーラーパネル・バッテリー・貯水タンク建設、手洗い場設置、トイレ修繕)
実施期間 2017年5月~2017年10月
実施場所 バッタンバン県スマ・コール クロウス 小学校
受益者数 280人
総費用 500,000円
クロウス小学校の子どもたち

リサイフクにご協力くださった皆様へ
このウォーターポンプは全ての生徒と教師にとって、とても大切なものになりました。
十分な水が手に入り、水洗トイレと手洗い場を使うことができます。そのおかげで、衛生環境と健康も改善されてくると期待しています。ありがとうございました。

Krous小学校 校長 Kuy Saroeun 

グッドネーバーズは、井戸や浄水設備・トイレ設置、衛生教育などの水・衛生事業のほか、教育や医療保健など、世界が抱えるさまざまな課題に多角的に取り組むことで、途上国の子どもが貧困の連鎖から抜け出すことができるよう支援しています。 リサイフクによるご寄付は、今後もこのような途上国の子どもの環境を改善するための事業に使わせていただきます。

グッドネーバーズ・ジャパンの活動にご協力ください

衣類の寄付だけではなく、支援金も大変大きな力になります。

※1,000円で:子どもに学校の制服を提供できます。
※2,000円で:浄水器を一家庭に届けることができます。
※10,000円で:40人のクラス全員に、文房具セットを配ることができます。
※50,000円で:コンクリート製のトイレが1基建設できます。